徳井正樹の「小坂山日記」

iezukuri2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 25日

トークショー

先週の日曜日、マイ大黒柱de家づくりの第2弾。
拙作の見学住宅でトークショーを開いた。
「建て主に自分の家づくりの本音、思いの丈を話してもらう」のがその目的だ。

住宅とギャラリーが溶け合った建物を、くまなく見学して頂いた後、
当日の企画責任者となった設計者が、前座として
”建て主が如何にして家づくりに参加したか!”
を振り返るスライド会を30分ほど行う。
その後、登壇したのは、
建て主、現場監督、瓦屋、工務店社長、そして設計者の私。
正直、本当に何の下打ち合わせは無く、
司会役の私が冒頭部分だけ考えた質問を各人に振り、
その意見、吐露された言葉を繋いでいこうと決めていた。
もちろんその誰もが、トークをショーにできるほど弁の立つ人物ではない。
壇上の面々にみなぎる緊張感。「何を話して良いやら」が顔に書いてある。
f0133377_1664525.jpg

しかし、結果として停滞するどころか、
1時間半の緊張時間はあっと言う間に終わった。
それも会場全体が、爽やかな空気感の中で。
建て主が息を切って話された「判断の大切さ」の気持ちを共有していた。
その一部でもここに綴ってみたいのだが、話しというのは、一期一会。
活字に置き換えた瞬間に別の体を成してしまう。

ただ、その場で築一年、築2年の建て主が、
ほぼ飛び入りで、一年間、2年間の拙作での暮らし心地と
時間が経ったからこそ見てきた「家づくりでの勘所」を語ってくれたことが、
会場を一つの空気にしてくれたことは間違いない。
2家族の発言は、参加者にとって是非とも聞きたいところで、
かく言う私にとっても大変貴重な意見であった。

さて、明後日は一連の構想の総仕上げ。
大黒柱プロジェクトの第三弾!「大黒柱伐りだし体験会」の当日だ。
今のところ天候はまずまず。

樹齢100余の広葉樹を、参加者の目の前で切り倒す。
見学者に混じって、20代の若い夫婦が我が家づくりのため、それに挑戦する。
ぜひとも一生物の一本に巡り会って欲しい。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2011-02-25 16:12
2011年 02月 14日

ガチンコ対話

「人の価値は態度で決まる。」

政治学者で、日曜美術館の司会を務める姜尚中氏が、先日の新聞で書いていた。
内容は概ね想像できようが、それを大舞台で通すことは簡単ではない。
しかし、若い夫婦がそれを実行した。
f0133377_16541653.jpg

今週末に控えた拙作でのトークショー。
建主、棟梁、設計者。住み手、作り手、仕掛け人が、
それぞれの立場から一軒の家づくりを振り返る。
といえば、”それぞれを褒め合う出来レース”の様に思われるだろうが、差に在らず。
必ず、互いの本音を戦わせるガチンコ対話となるだろう。

というのもこの企画、今までも一般にも行われていそうだが、実は異例。
営業トークの掛け合い芝居ならどこでもあろうが、
立場異なる三者が本音を人前でぶつけ合うなど、事の大きさゆえ皆無に等しいだろう。
ではなぜ、このガチンコ対話が実現するのか?
その最大要因は「この建て主の強さ」だ。

とは云え、建て主が強引な手立てで事を成したのではない。
ビジネス上有効な交渉術を駆使した訳ではない。
若い夫婦が潤沢な資金を上手に分配できるはずもない。
彼らの姿はむしろその逆で、とても控えめで強い物腰とは縁遠かった。

しかし、結果として何が彼らに大きな夢を手に入れる活路となったのだろう、、、。
と振り返り、冒頭の言葉が再び浮かんだ。
f0133377_1712593.jpg

「自分の家づくりを、我が家のトークショーで締めくくる」
こんなカッコイイ事、そうそう出来るもんじゃない。
ではどうやってそのプロセスを手に入れるに至ったか?
一言で言えば、
「建て主にとって人生最大資金を投じる場に、設計依頼から竣工確認まで、
 全ての場面を本音でぶつかり通せたからだ」!
そう書いてみると、様々な出来事が思い起こされる、、、、。

この続きと、建て主の秘策が気になったら、是非今週の日曜日。
建て主の本音を直接聞いてほしい。
不足とあらば思いの丈を質問でぶつけ、
自分の家づくりの礎石を手にして!と願う。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2011-02-14 14:51