徳井正樹の「小坂山日記」

iezukuri2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 17日

素っピン洗面

とある現場で話。
すべて本物を用いプリミティブな存在感を醸し出しつつも、
コストは極限に近い安価で洗面台を作る。
その答えが下の写真です。
f0133377_10393615.jpg

化学教室で使う陶器製実験流しに、身障者用のレバーハンドル水栓。
タモ材の台座は現場の大工半人工で納まりました。
収納は空間だけ用意してそこに藤編の小箱などで対応。
なんとも素っ気ない作りですが、仕上がってみるとこれがナカナカ。
ほとんど壊れる部位が無いので水栓の寿命が来るまで、
多分30年はノーメンテナンスでいけるでしょう。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2008-10-17 10:40
2008年 10月 09日

仕事場

現場回りでいつも立ち寄る場があります。
何の変哲も無い田舎の田んぼです。
その辺りは商店はおろか自販機も無く、
半世紀前と違うのは稲刈機ぐらいでしょうか。
f0133377_1119493.jpg

その機械を操りながら実りを収穫する老夫婦。
何とも羨ましい光景でした。
毎年同じ大地を仕事場とする生活の苦労とその味わい。
それに比べ、毎回変わる現場を飛び回る我々は、
まるで旅役者のようです。
f0133377_1117993.jpg

一週間後に訪ねる稲はキレイに刈り取られ、
残った稲藁も丁寧に束ねられていました。
無い物ネダリではありますが、
動かぬ仕事場と動き回る仕事場。
何故か、この場に来るとシャッターを切っています。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2008-10-09 11:20
2008年 10月 03日

一石三鳥の網戸

古民家改修で小さなアイデアが思いつきました。
納戸に残る数十本の古建具。
今では何処にどの建具が納まるのか現主でも不明とか。
そこで4本あった障子を縁側の網戸として復活させようと試み、
和紙の代わりに銅網を張ってみました。
f0133377_13233570.jpg

真ん中の時代物の硝子も手伝って、これがなかなかいけます。
ここだけ残っていた銀色のアルミ網戸と交換すると、
銅の弱さを障子の組子が助け、お金をかけずにまずまずの風情です。

低コストもいいのですが、それよりも残っていたものが使えて
納戸の荷物が減ると一石三鳥が何よりです。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2008-10-03 13:24