徳井正樹の「小坂山日記」

iezukuri2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 28日

休み無く

あの日、3月11日は、埼玉県伊奈町現場の建前初日。
朝早く着いたレッカー車が前日までに運ばれた構造材の脇にアームを降ろし、
33 cm角に製材された樹齢100年余の栗の大黒が作業を待つ。

大黒柱を軸に始まった建て方は四方からの梁を十字に受け、
次第に範囲を広げて、午前中には1階柱の大半が建ち上がった。
昼飯もそこそこに午後の作業がスタート。
順調に進んだ軸組柱にほとんどの梁が掛け上がる。
まだ仮筋交いは入れる前だったが、「追掛大栓継ぎ」をはじめとする
構造金物に頼らない継ぎ手と仕口は固まっていた。
棟梁を含め、ちょうど梁上に上がっていた大工さんが降りて、
次の段階に取りかからんとするときに、14:46を迎えた。
f0133377_17403398.jpg

現場の誰もが”地鳴りがするほどの揺れ”だったと振り返る。
しかし、1トン近くある大黒柱は何重にも組み守られた梁と柱に支えられ、
小住宅の構造体は何の損傷も被ることはなかった。
f0133377_17404879.jpg

驚くのはその続きだ。
余震も気持ちの揺れもまだ続く中、レッカー作業は夕方まで続き、
棟梁の指示の下、震災当日にも関わらず予定していた作業は全て完了となる。
そして帰路。群馬までは70km。高速道は全面通行止め。
数台に分乗した現場全員は、停電と混乱と大渋滞の国道17号を
ひたすら北上し真夜中の帰宅。ほんの数時間休んだだけの翌日、
現場監督、レッカー含む建て方関係者全員は、朝一番で70km先の現場集合。
まだ余震も続く中、何もなかったように二日目の作業を続け、
予定通り日曜日に棟木が上がり、あの当日を含む二日間で無事現場が上棟した。
さらに3日目の月曜日も作業は続く。垂木+野地板が張り進められ
ご夫婦とも激務を縫う建て主の予定通りに、火曜日上棟祝いが配られた。
f0133377_17404470.jpg

建て主は勿論、現場の誰もが忘れられない上棟になるだろう。
言うまでもなく、
棟梁、現場監督、大工、レッカーの相互信頼と使命感に支えられた工程だ。
f0133377_17404065.jpg

今、我々に出来ること、我々が成すべき事の第一は、
それは取りも直さず、「預かった現場を前に進めること」。
あらためて、頼もしい仲間を再認識しながら
この時期不安に陥りがちな建て主と共に、
”休み無く作り続けることの大切さ”を今実感している。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2011-03-28 17:51


<< 3年目の春      想像する力 >>