徳井正樹の「小坂山日記」

iezukuri2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 25日

トークショー

先週の日曜日、マイ大黒柱de家づくりの第2弾。
拙作の見学住宅でトークショーを開いた。
「建て主に自分の家づくりの本音、思いの丈を話してもらう」のがその目的だ。

住宅とギャラリーが溶け合った建物を、くまなく見学して頂いた後、
当日の企画責任者となった設計者が、前座として
”建て主が如何にして家づくりに参加したか!”
を振り返るスライド会を30分ほど行う。
その後、登壇したのは、
建て主、現場監督、瓦屋、工務店社長、そして設計者の私。
正直、本当に何の下打ち合わせは無く、
司会役の私が冒頭部分だけ考えた質問を各人に振り、
その意見、吐露された言葉を繋いでいこうと決めていた。
もちろんその誰もが、トークをショーにできるほど弁の立つ人物ではない。
壇上の面々にみなぎる緊張感。「何を話して良いやら」が顔に書いてある。
f0133377_1664525.jpg

しかし、結果として停滞するどころか、
1時間半の緊張時間はあっと言う間に終わった。
それも会場全体が、爽やかな空気感の中で。
建て主が息を切って話された「判断の大切さ」の気持ちを共有していた。
その一部でもここに綴ってみたいのだが、話しというのは、一期一会。
活字に置き換えた瞬間に別の体を成してしまう。

ただ、その場で築一年、築2年の建て主が、
ほぼ飛び入りで、一年間、2年間の拙作での暮らし心地と
時間が経ったからこそ見てきた「家づくりでの勘所」を語ってくれたことが、
会場を一つの空気にしてくれたことは間違いない。
2家族の発言は、参加者にとって是非とも聞きたいところで、
かく言う私にとっても大変貴重な意見であった。

さて、明後日は一連の構想の総仕上げ。
大黒柱プロジェクトの第三弾!「大黒柱伐りだし体験会」の当日だ。
今のところ天候はまずまず。

樹齢100余の広葉樹を、参加者の目の前で切り倒す。
見学者に混じって、20代の若い夫婦が我が家づくりのため、それに挑戦する。
ぜひとも一生物の一本に巡り会って欲しい。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2011-02-25 16:12


<< 伐り出し体験会      ガチンコ対話 >>