徳井正樹の「小坂山日記」

iezukuri2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 28日

マイ大黒柱de家づくり4

我が家の大黒柱を自分で射止める、の締めくくり便。

写真は伐り倒された樹齢70年の栗。
直径は60cm。生木の総重量はおよそ2トンぐらいだろう。
それが谷側に倒れながら、最後は飛んでいく。
その距離およそ5m。一度限りの瞬間をぶれないようカメラに捉えようと、
斜面に寝転び身を預け、右半身全体でその振動を受け止める。
その迫力は社会生活では出くわすことのない凄まじいものだ。
f0133377_11234999.jpg

杉の伐採時は、参加者から直ぐに歓声が上がったが、
この栗では、倒れゆくシーンから情景はスローモーションに変わり、
周りの木に絡むバリバリという音の後、ドッ、ドーン、ン、ン、ン。
しばしの沈黙が流れ、背後からゆっくりと拍手が聞こえてきた。
そこに立ち会った大人以上に、
幼い子供達には大きな記憶として残るに違いない。

一行には、その後も様々に深い時間が用意されていた。
が、それは参加してのお楽しみとしようか。

最後は山を下り、2週間前に麓の置き場に搬出されていた広葉樹の見学だ。
皆一様に驚いたのは、立ったままの木と、寝かされた木の寸法の誤算。
立木に比べ、横たわった材木はとても大きく感じる。
カツラ、クリ、ケヤキ、クルミ、シオジ、キハダ、などなど。
これだけ多彩な樹種が揃う山は、山林群馬でもそうはあるまい。
樹齢60〜100年余。長いものは7〜8m。
しかも真っ直ぐに成長した広葉樹は特に貴重だ。
f0133377_1124859.jpg

この道60年の黒田さんから、一本一本その素性や用途などが解説されるが、
参加者は全員素人。一番聞きたいのはその価値に見合った金額となる。
ここでそれを記すと大きな誤解を招きかねないが、
八百屋の一声調に申せば、下の写真に写るこの場での材木価格は、
大黒柱1本、どれも10万円までは届かないはずだ。
さて、これをどう捉えるかは十人十色。
私には、この材木が「我が家づくりの動輪」に見えてくる。

そこで、「山林と街人を繋ぐ」この試みをもう一度行うことにする。
時期は2011年2月の後半。
詳しくは近々に本サイトにアップするつもりだ。
一軒でも多くの家族が、豊かなプロセスを通じて
借金の返し替えのある「我が家づくり物語」を体現してもらいたい。

徳井正樹
[PR]

by rijim | 2010-12-28 11:29


<< 年頭あいさつ      マイ大黒柱de家づくり3 >>